空飛ぶくじら組 Team Flying Whale バルーン空撮

example―撮影例―
規模の大きさを端的に表現

例えば、遺跡・文化財の写真。
発掘状況や全景、古墳など慎重に扱う
必要がある撮影場面で活躍します。

発掘状況、全景、神社、仏閣、古墳など危険の少ない撮影方法として、また、音の静かな撮影方法として、バルーン空撮が候補となります。 高度や角度を固定して、発掘状況を一定期間撮影するなど、様々な用途が考えられます。


建設経過を同じアングルで撮影

例えば、災害調査の写真。
人の入りにくい場所の全景を撮影する場面で、
安全に撮影することができます。

地すべり、がけ崩れ、河川氾濫、侵食、豪雪など様々な災害調査で全景を撮影する必要があります。 安全にいろいろな角度から撮影する方法として、バルーン空撮があります。モニターで確認しながら撮影できるので、一度の撮影で最適な結果を得ることができます。



撮影料金について