空飛ぶくじら組 Team Flying Whale バルーン空撮

バルーン空撮は、都市、風景、建築物をダイナミックに俯瞰する手軽な撮影方法です。セスナやヘリコプタによる空撮とは違い、ローコストで、かつ場所を選びません。
空飛ぶくじら組は、所属するカメラマン、ディレクター、プランナー、デザイナーの監修のもと、撮影テーマに基づいて最適なカットをご提案いたします。

adbertisement―広告―
企業情報BOX

アドラインプラス
イベント会場「参加者の分布を的確にアピール!」
イベント会場「参加者の分布を的確にアピール!」
イベント会場「参加者の分布を的確にアピール!」
イベント会場「参加者の分布を的確にアピール!」
イベント会場「参加者の分布を的確にアピール!」
撮影料金について

参加者の流れを上空から俯瞰することで、
通路の混み具合や集まっている場所など、様々な様子が撮影できます。
イベントの進行を妨げる騒音もなく、規模を的確に伝えることが可能となります。

example―撮影例―
会場周辺の道路

例えば、会場周辺の道路の写真。
入り口に対して、参加者の行列や
渋滞の規模は想定できているか。

イベント会場の周りの混雑具合は、今後の運営に大きな影響を与えます。 そこで、上空からの写真を利用して、人や車の列をご自分の目で確認することをお勧めします。 会場周りの空撮写真は、イベントの盛り上がりを伝える方法の一つでもあります。また、次回の運営の改善に使用したり、スポンサーへのアピールに使用するとが想定されます。


会場内の人の流れ

例えば、会場内の人の流れの写真。
会場内の動線の検証をして、
次回のイベント運営に役立てる。

参加者の動線に障害物があると、スムーズな進行を妨げます。 空撮により会場全体を俯瞰することで、地上からは見えなかった小さな混雑を目の当たりにすることができるでしょう。 イベントを成功に結びつけるために、また、次回のイベント運営に役立てるためにも空撮をご利用ください。