空飛ぶくじら組 Team Flying Whale バルーン空撮

バルーン空撮は、都市、風景、建築物をダイナミックに俯瞰する手軽な撮影方法です。セスナやヘリコプタによる空撮とは違い、ローコストで、かつ場所を選びません。
空飛ぶくじら組は、所属するカメラマン、ディレクター、プランナー、デザイナーの監修のもと、撮影テーマに基づいて最適なカットをご提案いたします。

adbertisement―広告―
企業情報BOX

アドラインプラス
CI―コーポレートアイデンティティ―「企業のメッセージを視覚的にアピール!」
CI―コーポレートアイデンティティ―「企業のメッセージを視覚的にアピール!」
CI―コーポレートアイデンティティ―「企業のメッセージを視覚的にアピール!」
CI―コーポレートアイデンティティ―「企業のメッセージを視覚的にアピール!」
CI―コーポレートアイデンティティ―「企業のメッセージを視覚的にアピール!」
撮影料金について

御社がもつ特徴や理念を、一般顧客が識別できるように。
社内風景や社屋外観の写真だけではなく、特徴的な写真を用意してはいかがでしょうか。
パンフレットやWEBなどで、御社の存在を広く認知させることができます。

example―撮影例―
規模の大きさを端的に表現

例えば、トラックの大集合写真。
規模の大きさを端的に表現し、
会社の顔としての写真を撮影します。

御社をイメージするもの、イメージできる事を撮影します。 上空からの撮影は、規模の大きさをイメージするには最適な方法です。 普段、目にすることのない状況のため、会社のイメージを決定づけることに役立ちます。 パンフレットやWEBページなどで潜在的な顧客へのアピールにご利用ください。


建設経過を同じアングルで撮影

例えば、建設中の社屋の写真。
会社の顔、社屋が完成するまでの
建設経過を同じアングルで撮影。

建設中の建物は、刻々と姿を変えていきます。 一度切りの姿を写真に残し、建物の成長する姿を目のあたりにすることができるでしょう。 また、社屋の周りの風景を同時に撮影し、御社の地域に対する社会的意義やシンボルとしてのアピールにお役立てください。